菊池憲太郎公式サイト

Top Page > 憲太郎活動日記

憲太郎 活動日記〜二期目を目指して〜

2015年4月8日(水)

(8:00)

むつ市中央町交差点にて早朝街頭演説。出勤する皆様に朝の挨拶をする。仕事場に向って走り通過する車両を見て、働く場の大切さを思い、雇用の拡大について考える。

(11:45)

東通村役場前をお借りして、街頭演説。越前村長の激励を賜る。集まって下さった多くの支持者に自分の思いを聞いていただき、そして握手をする。その手の温もりに、使命の大きさと責任の重さを感じる。

2015年4月7日(火)

(7:30)

 むつ市横迎町菊池商会ガソリンスタンド前で朝の挨拶を行う。ここは国道279号と338号が交差する結節点である。いわば、むつ下北地域の大動脈交差点である。ここの交通量の増減が、地域活性化のバロメータかもしれないと考える時、道路を含めた社会資本整備を急がなければならないと肝に銘じた。

(11:30)

 今日は、下北半島のてっぺん、大間町と佐井村を目指した。折り返し地点の佐井村ではアルサス前で、未来のむつ下北について支持者に訴えた。佐井村は、地方創生に関連した「総合戦略課」の新設や、「漁業創生プロジェクト事業」などに取組んでおり、既に、ふるさと創生への施策を進めている。佐井村のような先進自治体と協力しながら、むつ下北全域に広げる必要がある。

 (16:00)

 海峡の街“風間浦村下風呂”では、下風呂観光ホテル「三浦屋」様前で街頭演説を行った。多くの皆様がわざわざ私のために集まって頂き、励ましの言葉を頂いた。感謝と感動であった。観光はむつ市下北の総合産業。維持と拡大と成長が必要と思う。そのためには自然の恵みである観光コンテンツを大切に活かし、訪れた方々に良い思い出と感動を持ち帰って頂かなければならない。もう一度、未来に向けた観光ビジネスのあり方として、“歓・幸”むつ下北スタイルを考える時であると思った。